So-net無料ブログ作成

解答用紙に解答を書き写す時間がなかったって…原因は親(私)でした [歴史]

週テストの社会(歴史)の解答用紙を見ると、記述の欄が空白でした。「難しかった? 今度はやっつけよう!」と励まそうとすると、息子は「わかってたんだけど……」と言って問題用紙を持ってきました。すると、そこには記述問題の答えの下書きが書いてありました。

下書きをそのまま解答用紙に書けば、正解です。しかし、試験官の「やめ」の言葉に忠実に従い、鉛筆を置いたようです。

たしかに、「記述はすぐに書けそうにない場合は後に回し、ほかの問題を解いてから」と言っていたので、それを忠実に守って実践し、記述問題が「時間切れ」になったようです。

「記述は一度問題用紙に下書きして、文字数などを調整して解答用紙に書く」こともきちんとこなしていたのですが、いかんせん、時間が。

社会のテストは時間いっぱいかからないような気がするので、原因を探ってみました。ひとつは記述も含めて解答は問題用紙にも書かせていたのですが、これに時間をとられているのかもしれません。

歴史では人名や地名、重要用語も含め、漢字での解答が多いのです。「きちんと書かないとペケにされるぞ」といっていたのをこれまた忠実に守り、馬鹿丁寧に書いている様子。ひとつ書くのに時間がかかります。しかも、問題用紙に控えとして書く解答まできれいに書いていたようで、ここで時間がとられていました。

また、忘れてしまった歴史用語を懸命に思い出そうとしていたり、各文章を年代順に並べる問題では、各時代がわかれば解けるのに、それぞれのできごとの年号を思い出そうとしてつまったなど、ぼろぼろと時間切れとなる原因がでてきました。

テストの結果だけが気になり、間違った問題ばかりがクローズアップされがちですが、問題の解き方もチェックされておいた方が、あとあと役に立ちそうです。

算数などで、じっくり問題を考えることを勧めていたので、社会もそのようにして解いていたのかもしれません。

そこで、練習問題を解くときなどは、「忘れてしまった歴史用語はすぱっとあきらめて、つぎの問題に進み、どんどんこなそう。そのあとでもう一度確認しよう」ということにしました。一問一答形式の問題などは一問30秒として、20問あれば10分で解く練習にしました。

いまでは、ストップウォッチで計り、時間内に解き終えるようになってきているので、その成果がテスト時にも反映されることを願っています。



※お読みになりました記事がお役に立ちましたら、ブログランキングへの投票(クリック)をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村
 
ご協力ありがとうございます。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 2

れかせ

解答する時間を区切って、演習問題をこなすのは大切なんでしょうね!?
時間に追われての解答は常に、意識していないと残り時間に追いつめられるんでょうね。
時間配分のコツは試行錯誤の経験が後々、活きてくるよう慣れるのが一番?
参考になります。
by れかせ (2010-11-26 20:59) 

shima

れかせさん、コメントありがとうございます!(nice!も)
by shima (2010-11-27 11:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。