So-net無料ブログ作成
検索選択

夏休みの自由研究で迷っていたら、「月の観察」はいかがでしょうか [理科]

 夏休みは7月が終わろうとしていますが、いかがお過ごしでしょう。6年生は天王山、4、5年はたっぷりある時間を有効に使われていることでしょう。

 学校の宿題はとっとと終わらせ、受験対策に時間を割り当てていることでしょうが、毎年やっかいなのが自由研究。ささっと仕上げたいところですが、テーマを見つけるのも一苦労。

 息子は「友だちとやるから」と言っているので、今年はまかせています。たしか来週の前半から午後図書館に集合してやっつけるみたいです。はたしてどんな研究がなされるのか、楽しみです。

 まだ、自由研究に手を付けていない、テーマも決まっていない方がいましたら、「月」の研究はどうでしょうか。昨年、小4のときに息子が選んだテーマが、「月」でした。中学受験の理科「月」の単元の学習にも結びつきますし、一石二鳥かと喜んでサポートしました。

 レイアウトは模造紙を買ってきて、それに調べたことをA4のコピー用紙に書き込んで貼り付けました。直接模造紙に書き込むには、書き込むスペースなどを計る必要があり、大きな定規もないので大変です。コピー用紙に書き込んで貼り付ければ、自然とレイアウトもきれいに整います。
写真はクリックすると拡大します。
jiyu1.jpg

 構成は、
①月についてのおおまかな概要
・月を自由研究に選んだ動機
・月のできかた

宇宙 (ジュニア学研の図鑑)
 参考にしたのは学研の『ジュニア学研の図鑑 宇宙』。この図鑑は天体についてのきれいなイラストで見やすく、解説もわかりやすいのでお薦めです。NHKで放送していたナショナル ジオグラフィックの月に関連する番組も見せたのですが、うちの子には難しくて役に立たなかったみたいです。図鑑を見ながら、月の誕生には諸説あることは理解したようです。



②月の表面
・月の模様がいろいろな形に見える
・白いところと黒いところはなに?
・各地方の月の模様の見え方
 月の模様はなにかを調べ、模様は各地域や国によって見え方が違う(うさぎやかになど)ことを月の写真に書き込みました。見え方の違いはインターネットで調べ、月の写真ははっきりと模様がわかる鮮明なものを利用させていただき、プリントアウトしてそこにいろいろな模様の見え方を描き込みました。
※Yahoo!などで検索ジャンルから「画像」を選択し、検索窓に「月」と入力して「検索」します。使わせてもらう写真は、「著作権フリー」のものを選ぶのが、無難です。

jiyu3.pngmoon0053.jpg

 自分としては、「月の模様が海と呼ばれる暗い場所と、陸と呼ばれるクレーターからなる場所である」ことを知ってもらうより、月の模様がウサギに見えたり、カニに見えたり、おばあさんに見えたりと、住んでいる場所が違うと見え方も変わる→世界にはいろいろな見方の人がいる→世界にはいろいろな考えの人がいること、どれも間違いではないこと、などを学んでくれたらいいなと思い、自由研究に組み込んでみました。

 息子は、「カニには見えるけど、おばあさんには見えない」とか言いながら、熱心に描き込んでいました。少しはこちらの意図をくみ取ってくれたようです。
jiyu2.jpg

③月の自転と公転および基本スペック
・なぜ同じ面ばかり見えるの?
 昨日のブログで書いたように天体望遠鏡で月を観測して、いつも同じ模様であることを確認し、どうしてかを、塾で習ったことを思い出しながら簡単にまとめています。

・月と地球の距離
・月の大きさ
・月の特徴 ベスト4
 塾で習う「月」は、意外と基本スペックを押さえていません。そこで月の基本的なことを調べています。月の1日が29.5日とか昼は120度、夜は-170度、重力が6分の1などについては素直に驚いていました。

④月の観察
・同じ時間で月が見える位置
・1時間ごとの月の動き
 このふたつは月の日周運動や見える位置のずれなどを身をもって感じてもらうために記録しています。知識としては理解していても実際に見ることによって、より定着させようと試みました。しかし、天気は気まぐれ。去年の夏休みは雨や曇りが多く、毎日欠かさずの記録とはいかず、中途半端な記録になってしまいました。

 記録用紙は、たしか学研のWebサイトにアップされていたPDFをプリントして利用しました。探してみたのですがWebサイトが見つかりませんでした。PDFとして保管してあったので、シート作成の参考にしてください。ほんとうは観察する場所から見る東から西までの目印になる建物などをはじめから描き込んだ用紙をコピーして使うといいでしょう。

jiyu4.gif

⑤月の満ち欠け
・満月や三日月になるのは?
 塾の授業で学習した内容の復習になります。太陽光の当たり方と地球からの月の見え方をイラストで描くことで、もう一度きちんと理解を定着できればと、月の観測のあとに追加するように用意しました。

⑥まとめ
月について調べたり、観察してわかったことや気づいたことを自由に書いています。ほとんど息子が思いついた順ですが、そのまま書かせています。

 というように、月の研究としては、そうとう無難な内容でまとめています。子どもが自分で月について疑問に思ったことなどはなかったのでオリジナリティはありませんが、このくらいがうちの子には無難かと思います。必要最低限の項目は入っているので、これにいくつかプラスすれば、りっぱな自由研究になるでしょう。

 ちなみに次の新月は8月10日、満月は8月25日です。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今宵満月、中学受験に天体望遠鏡は必要? 自由研究にも使えます [理科]

 27日は満月でした。熱帯夜にはっきりとその姿を浮かび上がらせていました。そのときに天体望遠鏡で見た月です。

moon1.gif


 中学受験には、地球儀が必須品のようで(地球儀のお話はこちらで[iモード])、いろいろなところでその効果や必要性が語られていますが、天体望遠鏡についてはあまり話題になりません。

moon5.jpg 我が家では昨年、小4の夏に天体望遠鏡を購入しました。理科の「天体」で役立てることと、夏休みの自由研究に使うことが目的でした。


 実際に月を見たとき、息子は「あっ見えた!」といって興味を示していました。木星の縞模様や土星の輪も不思議そうにのぞいていました。これだけでも天体望遠鏡を購入した効果はあったと思います。

 天体望遠鏡から見る星はレンズを通してですが、図鑑などのきれいな写真とは違い、いま自分の目で見ているというリアル感があります。たとえ見ている天体が多少ぼけていたり暗くても、天体がより身近なものになるのではないでしょうか。

 たとえば、満月あたりの月を何日か見て、月の表面が同じことが観測できたら、月は自転しているのに地球へいつも同じ面を向けるのは公転もしているからということが、身をもって体感でき、テキストに書かれていることの理解がより深まります。

 中学受験に役立てるために用意する天体望遠鏡は、1万円前後のものでまかなえます。天体への興味を持たせる、月や星を身近に感じることが目的であれば、これらの価格帯の天体望遠鏡で十分です。すでに天文学者になりたいなどの大志を抱いているのであれば別ですが、星を見ているうちに興味がわいて、もっとアンドロメダ星雲をはっきり見たいなど、星への情熱が増した場合は、そのとき喜んで買い換えればいいのではないでしょうか。

 また、天体望遠鏡で見る星は、そんなに鮮明ではありません。月は別ですが、木星や土星を見てもなんだかぼんやりして見えます。これは数万円の天体望遠鏡を買っても同じです。「どうせ買うなら高いもの=いいもの」として、奮発しないでください。

 天体望遠鏡の購入にあたっては、レンズのしっかりしたケンコーやビクセンなどの名の通ったメーカーの1番お手頃な「入門機」がお薦めです。

ケンコー http://www.kenko-tokina.co.jp/
ビクセン http://www.vixen.co.jp/at/index.htm/

bi.jpgkenko.jpg

 ただし、3,000~5,000円程度で販売されている天体望遠鏡は明るさが足りず、月さえも暗くぼんやり見えるので、あまりケチるのも考え物です。また、これらの天体望遠鏡は、三脚がしっかりしていないので、足下が安定しません。

 三脚がある程度しっかりしてないと、たとえば親が土星が見えるようにして、「ほら、土星の輪が見えるよ」といって子どもとチェンジするときに、少しでも天体望遠鏡にふれてずれると、子どもは「なにも見えないよ」という悲しい結果になりかねません。

 また、USBケーブルでパソコンに接続してパソコンのモニタに天体望遠鏡の映像を映す「デジアイピース」付きの天体望遠鏡を購入したのですが、拡大率が変えられないので、月だと全体をとらえきることができないので、下の画像のように映ります。

moo4.gifmoon3.gif

 簡単に天体望遠鏡の映像をパソコンに取り込みたかったのですが、写真を撮るのであれば、一眼レスカメラやデジカメなどを天体望遠鏡に取り付けるアダプタを別途購入した方がよいようです。

 天体望遠鏡には、「屈折式」や「反射式」などの種類や倍率などの購入ポイントがありますが、これらはあまり気にせずに、三脚のある程度しっかりした「入門機」を選びましょう。天体望遠鏡の予算は、子ども手当1カ月分あたりが妥当です。

 天体望遠鏡が理科の「天文」分野攻略のきっかけになることを祈っています。

Kenko 天体望遠鏡 Sky WALKER SW-IIPC

Kenko 天体望遠鏡 Sky WALKER SW-IIPC




Vixen 天体望遠鏡 スターパル50L 33101

Vixen 天体望遠鏡 スターパル50L 33101

  • 出版社/メーカー: VIXEN
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

iPhoneやiPadを中学受験に活かす2 理科の天体で大活躍 星の観測に最適です [理科]

 iPhoneやiPadのアプリには、天体観測に役立つアプリが揃っています。これらは、中学受験の理科に役立ちます。

 実際、天体は入試でもよく出題されるジャンルです。しかも、みんながどちらかというと得意ではないジャンルでもあります。天体は「身近」な存在ではないので、なかなか興味がわかないのかもしれません。

 夏の大三角形や冬の大三角形など、星の名前を暗記するところまではいいのですが、星の運行あたりから、どうも怪しくなってくるようです。

 それでは、子どもに星への興味を持ってもらおうと、星の観察からはじめても、東京の夜空だと、1、2等星が見えるのがやっとで、星座が形作れません。また、塾のテキストや入試では午後8時の夜空の図で解説したり、問うたりするので、子どもに午後8時の夜空を見せたいのですが、東京の午後8時といえば、まだまだ街の灯りも明るく、なかなか思うように見えません。

 そんな劣悪な環境でも、実際に星を見ることが大切だと、子どもと夜空を見上げるのですが、もうひとつ困ったことがあります。それは自分の天体の知識です。

 「星のことならパパにまかせておけ!」と啖呵を切ったものの、自分が星について興味があったのは、ギリシア神話の星座物語。「オリオンはサソリにやられ死んでしまいました。オリオンは星座になってもサソリを恐れ、サソリが東の空から上ってくると、西に逃げるように沈み、サソリが西に沈むころ、こっそりと東の空に上ります」とか、双子座の悲しい成り立ちなど、わくわくして読んだ物語です。いまでも断片的に覚えているのですが、それは理科の知識ではなく……。

 そんな星音痴の自分を助けてくれたのが、Star Walk-5つ星の天体観測ガイドです。これは天体観測用のアプリで電子版星座早見盤です。Star Walkがすばらしいのは、iPhoneやiPadを向けた方向の空が画面に表示されること。どちらもコンパス機能が搭載されているので、「北がこっちだから東は……」と方角を探す必要がありません。方角も画面に表示されます。もちろん、星座を拡大して見ることもできます。
Star
IMG_0109.gif

 たとえば南の方にiPhoneやiPadを向けると、方角が示されてサソリ座が表示されます。夜空にかざしてみると、アンタレスがすぐに見つかります。これで夜空の星が何なのかがすぐにわかります。また、星座のイラストも表示されるので、その星座がどの星で構成されているかがわかります。
IMG_0076.gif

 東京の空で星座を形作る星が多少見えなくても、星座のだいたいの形が把握できます。いまだと夏の大三角形も、夜空で各星座の位置関係を確認できて便利です。Star Walkがあれば、「あの星なに?」と聞かれても、すぐに答えられるので助かります。
star4.gifIMG_0108.gif

 息子にiPadを渡すと、おもしろそうにいろいろな方角の夜空を見ています。星座早見盤だと、目的の星は、目印になる星からどのくらい離れているかを確認しながら探しますが、Star Walkだと、瞬時に目的の星が確実に見つけられるので、「どうもあの星だろう」などのあやふやな感覚で、うやむやにすますこともなく、重宝しています。
IMG_0106.gif

また、星や星座で検索することもできるので、星・星座図鑑としても使えます。
star8.gif

 しかも、星座早見盤は、懐中電灯を照らしながら見るので疲れますが、iPhoneやiPadでは液晶画面にきれいに表示されるので、とても見やすいのがうれしい限りです。

 また、この星を探そうと意気込むのではなく、適当にiPhoneやiPadを移動させ、そこに表示される星や星座を見るなどの使い方をすると、星への興味が増すこと間違いなしです。

 さらに、表示する星の日時を変更できるので、昨日の午後8時の位置、今日の午後8時の位置、明日の午後8時の位置など、同じ時間の星の位置や、1時間ごと時間を進めた星の位置などを見ることもできます。

 よって、
①星空を見て星座を見つける→北極星とその周りの星座 夏および冬の大三角形の確認
②時間をずらして見る→星座の一日の動き、星座の1年の動き
などの単元の学習がヴィジュアル的に行えます。

 都心のあまり見えない星空でも効果がありますが、この夏、旅行に出かける方は、ぜひStar WalkをiPhoneやiPadに入れて満天の星空の下で使ってみてください。私のように星の知識がなくても、お子さんと楽しく、天体観測な夜を過ごせます。
IMG_0081.gif



※お読みになりました記事がお役に立ちましたら、ブログランキングへの投票(クリック)をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング 

ご協力ありがとうございます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。