So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもに教えるときはコスプレしてでも先生役になりきる [全般]

 中学受験において、家庭学習の方はもちろんですが、塾通いの方でも、お子さんの宿題を見る、塾でわからないところを教える、塾の予習復習を一緒にするなど、お子さんに勉強を教えている方は多いのではないでしょうか。

 「教える」ことは、本当に難しいですね。自分の知っていることや解っていることを「伝える」のではなく、子どもに理解してもらうにはどうすればいいか、説明する言葉を選んだり、解説する手順を探ったりで、テキストとにらめっこするときもあります。

 指導面も難しいのですが、教えるときの子どもとの接し方も難しいですね。これはアドバイスではなく、反面教師としてとらえていただければと思うのですが、教えるとき、いつもと同じ親の顔になっていませんでしょうか。

 日頃、親として「宿題やったの?」「早く起きて!」「まだ起きてるの?」なんて小言をいってませんでしょうか。その延長線上で、勉強を教えているときも「なんで、解けないかな」「どうして同じ間違いを何回もするかな」「えーまた忘れたの」なんて言ってませんでしょうか。

 ついつい成績がよくなってほしいと思う親心から出てしまう台詞だと思いますが、これが子どもの学習意欲を削いでいるようです。

 長男のときの反省を踏まえて次男の学習に当たっているつもりなのですが、それでもついつい言ってしまって、あとから「しまった」と思うことも多々あります。

 また、「そこ漢字、間違ってる」とか「嘘字だぜ」と言ったことも、息子には「怒られている」と思っていたようです。そんなに強い口調でもなかったように思われるのですが、受け止め方は違うようです。

 これらは親子間だから発せられる台詞であって、塾の講師や学校の先生はこんなこと言わないですものね。自分が他人のお子さんを教えると仮定しても、さすがに言わないでしょう。

 そこを反省して、家庭学習のときは、親ではなく、先生になりきろうとしています。「親しき仲にも礼儀あり」です。「さあ、今日もやっつけよう!」と切り出し、他の子に教えているんだと思い込むようにして、進めています。

 それでも親の顔が出ているようなら、徹底して先生になりきってやろうじゃないですか。お母さんもおとうさんもスーツを着こんで、「今日からは先生とおよび」じゃないですが、親としてではなく一番親身な指導者になりきろうと思います。

 そして、教える時間が終われば、「今日はここまで!」と宣言して、またいつもの親子の関係に戻るのが、メリハリがついていいかもしれません。こうすれば、算数の問題がなかなか解けずに重い空気で終わったときも、そのあとのいつもの日常に持ち込まなくてすみそうです。



※お読みになりました記事がお役に立ちましたら、ブログランキングへの投票(クリック)をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村
 
ご協力ありがとうございます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

iPadを中学受験に活かす シャープも電子書籍デバイスを発表! [全般]



 シャープ電子書籍デバイスに参入するのですね。近いうちに私立中学や進学塾でも電子書籍デバイスを導入するのではないかと思っているのですが、これで選択肢が増えました。

 記事を読むと、悪くないですね、「GALAPAGOS」。iPadを多分に意識しているのでしょうが、10.8型のタッチパネルカラー液晶は見やすそうです。

 最近、サムスンも「Galaxy Tab」という多機能電子籍デバイスを発表してます。これは日本での発売は未定だそうですが、そのうち発売になるのでは。

 年末にはソニーも電子書籍デバイスを発売する予定ですし、まだまだ各社から登場するのかもしれません。

 国産にがんばってもらいたい気持ちは山々なのですが、一番の関心事は、各社のフォーマット。アップルのApp Storeで購入した電子書籍は、他の電子書籍デバイスで読めないことは明白ですが、シャープもソニーもみんなばらばらで読めないとか、買い換えるたびに電子書籍を買い直さなければならないことになると、困りものです。

 また、入学した中学ではA社の電子書籍デバイス、進学塾ではB社の電子書籍デバイスと別のものを配給されると、便利になったのか不便になったのかわからなくなります。せっかくのタバコや日焼けによる黄ばみもなく、経年劣化することもない電子書籍です。電子書籍デバイスはどのメーカーのものでも1台持っていれば、どの電子書籍でも読めるようにしてほしいと願うばかりです。


◆関連記事
iPadやiPhoneを中学受験に活かす1 iPadが塾の教科書になる日



※お読みになりました記事がお役に立ちましたら、ブログランキングへの投票(クリック)をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村
 
ご協力ありがとうございます。

中学受験5年2学期開始組2「受験勉強のある生活」に慣れるのが先決 [5年2学期開始組]

 5年2学期から中学受験を開始したみなさん、学習方針は決まりましたでしょうか。この時期からだと、お子さんを塾に通わせる方も多いかと思います。まだ、どこに通わせるか決めてない場合は、周囲の評判や体験授業を受けたり、自宅からの距離などを考慮して、早めに決めてください。

 同じようにこの時期から始めた長男のときは、まだ右も左もわからない中学受験の若葉マークだったので、体操クラブとの両立を考え、個別指導の塾を選択しました。これがそのあとの右往左往の導線となるのですが……。

 ともあれ、塾に通うことになると、お子さんの生活はもちろん、家族全員の生活が激変することに驚かれるでしょう。

 朝起きて、漢字と計算練習、学校から帰宅すると学校の宿題に加え、塾の宿題(分量の多さにびっくりされたのでは)、および復習。週3日程度の通塾。または塾から帰ってきてからの復習など。各家庭の事情によりまちまちでしょうが、確実に今までの日常から激変することは間違いないでしょう。

 さらに、おかあさんにはお弁当の用意もあります。お父さんは土・日曜は子どもと過ごすものと認識していた常識を覆されたり、夜遅くの塾からの帰宅のため、お迎えに行かなければならない場合もあります。また就寝時間も今まで通りとはいかないでしょう。

 そこで、驚くのも束の間にして、なるべく早く受験勉強の生活に慣れるのが、第1課題と言えます。1週間のスケジュールを貼りだして視覚化し、お子さんがひと目で、いまなにをするかをわかるようにします。

 4年生から塾に通っている場合、塾の先生はたいてい「学習する生活に慣れてください」といいます。4年生からスタートしていれば、ゆっくりと慣れればいいのですが、5年2学期開始組は、素早くなれる必要があります。反対にいえば、塾通いのある生活に素早く慣れることにより、4年生から塾に通っているお子さんとの距離を縮められることになります。

「受験勉強を始めたのが遅いから」と躍起になって、少しでも追い上げようと無謀な計画を立ててもすぐにつぶれてしまいます。適度な学習時間を考慮して、慣れてきたら学習時間を増やしたりとスケジュールを組み直すとうまくいきます。また、スケジュールがこなせないようでしたら、見直しを計り、確実にこなせるスケジュールにして、慣れるようにしましょう。

 お子さんも親御さんも忙しくなることは間違いありませんが、毎日の生活が安定して生活基盤がしっかり固まれば、残り1年4カ月を有効に使うことができます。ぜひ、中学受験のある生活のスタートを、上手に切ってください。

◆関連記事
中学受験を5年2学期からはじめる方へ 焦る必要なし!


※お読みになりました記事がお役に立ちましたら、ブログランキングへの投票(クリック)をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村
 
ご協力ありがとうございます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。