So-net無料ブログ作成

算数の展開図は方眼紙でつくって立体をイメージ [算数]

 算数の展開図の問題で、引っかかっていませんか。息子はどうも展開図から立体をイメージしたり、立体を展開することが難しいようです。

 そこで、問題の展開図を実際につくってみることにしました。近所の文房具屋さんで厚紙の方眼紙を買ってきて、問題の実寸通りに作図します。
展開図1.JPG

 はじめ方眼ケイ入りのレポート用紙などで作成しようとしたのですが、子どもには紙が薄くて組み立てにくそうなのと、できあがりがひ弱なので、方眼紙でつくっています。

 展開図を切り抜き、実際に組み立てていく途中で、「ああ」とイメージできなかった部分がわかったようです。組み立てなどに時間はかかりますが、徐々に頭の中で展開図を組み立てるイメージができてきているように思われます。
展開図2.JPG

 ここに至るには失敗談がありまして、低学年のときに『立体王びっくり!てんかい図』や『立体王 見える力編』などを購入していたのです。これらの書籍はページが厚紙で、書かれている展開図をそのまま切り抜いて試せるものです。

算数脳ドリル立体王びっくり!てんかい図―小学1年~小学6年 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)








算数脳ドリル立体王 見える力編―小学2年~小学4年 (学研頭のいい子を育てるドリルシリーズ)








 楽しみながらできるかなと思ったのですが、本人が乗り気ではなかったので、ひとつふたつつくってそのままにしてしまいました。そのつけが回ってきた格好で、いまでは自作しています。

 低学年の方は、これらの書籍で遊びながら立体をイメージしていくと、あとあと困らないかと思います。

 また、上の学年の方は、解けない問題すべての展開図を方眼紙でつくるのはたいへんかと思いますが、お子さんによっては、いくつかつくることでイメージできるようになると思いますので、展開図の問題が解けないとお悩みの場合は試されてはいかがでしょうか。
展開図3.JPG展開図4.JPG



※お読みになりました記事がお役に立ちましたら、ブログランキングへの投票(クリック)をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村
 
ご協力ありがとうございます。

ほめてほめてほめまくってあげたい [生活]

ほめてほめてほめまくってあげたい 
ほめてほめてほめまくってないから
自分ではほめているつもり 
他人からはそうでもないと

ほめ上手な人 
太鼓持ちではなく
上手にほめる人
自然にほめられる人 
そういう人が輝いて見える

あんまりほめると嘘くさい 
そんなに些細なことまで
そんなにほめると調子に乗らない
よこしまな思いが遮る

そんなことない 
子どもにはない
何万遍の小言と
相殺なのだから 

自分だってうれしかったのに 
ほめられてうれしかったのに 
些細なことほめられて
いまの仕事しているのに

ほめてほめてほめまくってあげたい
ほめてほめてほめてほめて
 
ほめまくってあげたい 







※お読みになりました記事がお役に立ちましたら、ブログランキングへの投票(クリック)をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村
 
ご協力ありがとうございます。



成績が伸び悩んでいるときは塾のノートをチェック [全般]

 成績が伸びないときは、塾のノートを確認してみてください。意外な落とし穴に陥っているかもしれません。

 というのは、息子は、きちんと塾に通い、ノートもとってきているのですが、どうも週テストの結果に結びついていないのです。慌てて理科・社会の補習をして凌いでいたのですが、なんだかみょうに腑に落ちません。

 家庭で教えていることはほぼ理解して点数につながっているのだけれど……。授業ノートを見てみたのですが、きちんと書いています。しかも、テキストには簡単にしか書かれていないことが書き留められ、「重要だよ」と赤ボールペンで下線まで引いてあるのです。

 授業できちんと説明してくれているのに覚えてないのは、テキスト中心の解説がまずかったのかと反省し、ノートも確認することにしました。しかし、戻されたテストなどを確認すると、地図上でどの位置かなどの問題をよく間違えています。

note.jpg もう一度ノートをじっと見ていて、そこでやっと気づきました。あまり字がきれいではない息子にしては、彼なりではありますが「きれい」に書いている。いや、「きれい」すぎる。

 そうなんです。塾の先生は熱心に教えてくれているのです。黒板に算数では図形、国語では文章の流れを箇条書き中心に必要な解説をみっちり、社会では地図、理科では天体図を詳細に書かれているのです。それを息子は「すべてをなげうって」一生懸命丁寧に書いていたのです。

 これは授業を聞くどころではありません。黒板に書かれた内容を丁寧に書き写すだけで授業時間は終わっていたのです。授業の内容を理解する間もなく、ひたすらノートに向かっていたのでしょう。

 しかも、何度も消して書き直した跡も見えます。普通のお子さんなら問題はないのでしょう。ぱっぱっと書き写しながら、話しを聞く。しかし、なにごとにつけて動作のゆっくりした息子には、書き写すだけで、授業はほとんど耳に入ってこなかったようです。

 「数字や漢字は丁寧に書こう」と言ったことが徒となったのか、塾の先生から「ノートをとろう」と言われたことを、真正面からから捉えて、きちんと書き写さなければという彼の性格の表れなのか、停滞の原因がわかりました。

 「適当に書き写して」と言うと、誤解が生じる可能性が高いので、「きれいに書いてあってすばらしいのだけど、なるべく早めに書いて授業を聞こう」と言うに止めています。このあと、様子を見て、早く書けるようにするにか、要点だけをまとめるなかなどの方針を示したいと思っています。

 もし、同じように塾でノートもきちんととっているのに成績に結びついていないお子さんがいましたら、ノートを見てあげてください。授業を聞いて理解する以前に、書き写し作業であっぷあっぷしているかもしれません。




※お読みになりました記事がお役に立ちましたら、ブログランキングへの投票(クリック)をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中

学受験へ
にほんブログ村
 
ご協力ありがとうございます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。